エジプトでは野犬を輸出ですか

野犬の駆除をしないといけないのは、どこの国でも同じです。衛生面の問題もありますし、狂犬病も怖いですから。

エジプトでは、野犬の駆除に関して、大胆な政策を取り入れたようです。不評で大批判を食らっているようですけど。

野犬

野犬。写真はイメージです。

シリアの人口くらいの野犬・野良猫がいるエジプト

エジプトでは野良犬や野良猫が多いそうです。テレビ朝日によると、野良犬と野良猫を合わせると、2,200万匹にも及ぶのだとか。1

エジプトの人口が約8,000万人ですから、4人に1匹以上の割合で野良犬や野良猫がいることになります。そう考えると、かなり多いですね。

ちなみに、シリアの人口が2,000万人ほどだそうです。やっぱり、桁違いの数ですね。

ちなみに、アラビア語で「犬」は次のように書きます。

読み方は「カルブ」です。

殺処分をするにもカネがかかる

野良犬や野良猫を放置すると、衛生面での問題があります。また、狂犬病のリスクもありますね。

ですから、これを放置するわけにはいきません。エジプトの都市の多くは観光地でもあります(アラブの春以降、観光的には厳しいようですが)から、イメージを気にしている部分も有るでしょう。

しかし殺処分するコストが掛かります。やった方が良いのは分かっていても、簡単には実行できないわけです。

ということで、なかなか解決が難しそうです。2,000万匹ともなると、かなりの費用を見込まないといけないでしょう。人件費だけでも、相当な額になりそうです。

ある意味、発想の転換をしました

そこで、エジプトでは、野良犬や野良猫を海外に売ってしまおうという案が持ち上がったようです。犬や猫を食用にしている国に売れば、お金が稼げる上に処分もできるというわけです。

ただ、これに関しては、動物愛護団体が猛反対しているようですね。また、市民も反対の人が多いようです。

個人的には、殺処分をするわけですから、食用にしても大差は無いと思うんですけどね。食用となると、特に過敏に反応するようですね。

不評ながら実行されたようですね

市民などの反対はありますが、この輸出計画は実行されるようです。第1便として、4,100匹の犬と猫が輸出されたようです。

輸出先は明確になっていませんが、犬を食べる文化が有る東南アジア、中国、韓国あたりが有力なようですね。まあ、需要が有るのは、そのあたりでしょう。

根本的な疑問が一つ

それにしても、野良犬を食用にして大丈夫なのでしょうか。

街にいた犬猫ですから、ジビエっていうわけにも行かないでしょう。衛生面もちょっと気になるところですね。

まあ、四本脚のものなら机以外何でも食べるなんて言われちゃう国ですけどね。輸出先とされる国の一つは。


  1. 野良犬増えすぎで“食用輸出”…に犬食の国も猛反発
    2018/12/5(水) 18:05配信 テレ朝 news []

とりあえずツアーが楽かなあ

始めてエジプトに行くなら、とりあえずツアーが楽でしょうか。H.I.Sのツアーをチェックする限り、5日間で10万円ちょっとからという感じですかね。もちろん時期にもよるのでしょうけど。

あ、ちなみに、添乗員が同行するプランです。

興味がある人は、チェックだけでもいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。