‘エジプトに旅行してみよう’ カテゴリーのアーカイブ

燃油サーチャージって何でなくならないの?

2015年9月29日 火曜日

エジプト関連の情報で気になるものの一つが、エジプトまでの飛行機代です。日本からはかなり遠いので、移動コストは気になりますよね。

そしてそういった情報を見ていると必ず出てくるのが、「燃油サーチャージは云々」という記述です。これに関しては、根深い疑問があります。疑問と言うか不信感と言うか。

いい加減、サーチャージ込みの値段を出してよ

ウィキペディアの情報を信じるなら、国土交通省は2008年に燃油サーチャージを含んだ総額の表示を指示する通達を出したのだそうです。ただ、いまだに徹底されているかと言うと、必ずしもそうではないようです。

例えば、海外旅行情報を紹介するAB-ROAD というサイトには、次のような文言が見られました。

旅行代金にどう反映されるの?
旅行代金は、燃油サーチャージ込で設定されているもの(A)と、そうでないもの(B:旅行代金とは別に請求されるケース)とがあります。ツアー利用時の海外旅行にかかる費用は、このように旅行代金と燃油サーチャージの金額の扱いを注意して比較することが重要です。

そして、個別の航空チケットの紹介ページの中には、次のような記述もありました。

※別途燃油サーチャージがかかることがあります。該当時には別途お支払いください。

このように、サーチャージの表示に関しては、いまだに徹底されていないようですね。最初のころに比べれば、だいぶマシになったのでしょうけどね。

何にしても現状では、航空券やパックツアーの購入者が、サーチャージの扱いを意識しながら選ばないといけないわけです。率直に言って、非常に不便ですね。そして、国土交通省の威厳もガタ落ちです。

格安業者だと仕方が無いのかなあ。ギリギリの価格で売っているとすれば、サーチャージが少し変動するだけで、赤字になる可能性もありますから。単純に、安い印象を与えるためだけにサーチャージを別にしている会社もあるでしょうけどね。

その一方で、エクスペディアのように、全部込みこみで表示しているサイトもあります。良心的なところもあるわけです。

燃油サーチャージってなくならないの?

ところで、燃油サーチャージが導入された当時の記憶をたどってみると、「原油価格が高騰した影響でやむなくサーチャージを導入した」という説明がされていたのを記憶しています。でも、今の原油価格って、相当安くなっていますよね。おそらく、制度を導入した当時よりも安いはずです。だとしたら、燃油サーチャージってなくならないのでしょうか。

ちょっと確認してみたところ、燃油サーチャージが導入された2005年のWTI原油価格が1バレル56.44米ドルでした。それが、2015年の8月には42.86ドルまで下がっています。やっぱり、導入当時よりも安くなっていますね。

これに関しては、どうやら、原油価格が下がったからと言ってサーチャージを外すわけではないようです。というのも、燃油サーチャージに関しては、航空会社や運輸会社の経営安定化のために取り入れられた制度だからです。急に原油価格が高騰した時に、別料金を取りやすくするために別枠にしたわけですね。

ですから、原油が下がったからと言って、サーチャージをなくすわけには行かないようです。いざと言うときのために、制度は維持したいわけです。その代わり、原油価格が下がった場合はサーチャージをとらないケースもあるようです。ウィキペディア情報ですが。

でも、これって、やっぱりおかしいですよね。原油価格に比例するようにサーチャージを取るのなら、十分に下がったら返金しないと筋が通らないはずです。例えば、大昔のように1バレルが20ドル台くらいになったら、航空会社は差額分をぼろ儲けです。

細かい話ですが、少しでも航空会社が有利になるように制度設計されている感じで、ちょっと感じが悪いです。

エジプトで雨が降ると大変なことになるらしい| そして時には雪も降る

2015年9月29日 火曜日

エジプトと言うと砂漠の国で、雨は降らないと思っている人も多いでしょう。確かに日本と比べると、雨の量は極端に少ないです。とは言え、全く降らないわけではありません。

(さらに…)

エジプトでは(日本人の)医療費は非常に高いらしい

2015年9月28日 月曜日

在日本エジプト大使館のサイト内に、「旅行者のための医療案内」というページがありました。これを見ていると、健康や医療の面に関してはかなり覚悟をして渡航する必要がありそうだという印象を受けました。

何が大変かというと、費用が高くつきそうなのです。

(さらに…)

エジプトで水泳ができるのか?| ナイル川は上流でも無理?紅海は大丈夫

2015年9月28日 月曜日

水がある場所だと泳ぎたくなるのが人間です。エジプトのような暑い国なら、なおさらですよね。

ということで、ナイル川で泳ぐことができるのか、調べてみました。

(さらに…)

ナイル川の水上交通| 客船によるクルーズ、帆掛け舟、水上バスなどさまざま

2015年9月28日 月曜日

エジプトといえば、ナイル川の国という印象があります。あれだけ大きい川だと、水上交通も発達していそうですよね。

せっかくナイル川がある国にいくのですから、ナイル川でも遊んでみたいという人もいるでしょう。ということで、そのあたりのことをちょっと調べてみました。

(さらに…)

エジプト考古学博物館にまつわるいくつかの問題

2015年9月27日 日曜日

エジプトの有名な博物館といえば、エジプト考古学博物館です。ツタンカーメンの黄金のマスクが展示されている場所として知られています。

このページでは、この博物館に関しての気になることをチェックしてみたいと思います。個人的にいくつか疑問点があります。

The Egyptian Museum

(さらに…)

カイロ・タワーで高いのは、物理的な高さではなく入場料

2015年9月27日 日曜日
Cairo Tower from below

エジプトで一番高い建物といえば、カイロ・タワーです。英語表記だと、Cairo Tower です。そのまんまですね。

アラビア語だと、Borg Al-Qahiraと言います。エジプト方言の発音だと、「ボルゲ・ルカーヘラ」かな。Borg が「塔」で、Al が定冠詞、Qahiraが「カイロ」ですね。こちらも、そのまんまです。

ちなみにカイロ・タワーは、1971年までアフリカで一番高い建物でした。今でも、アフリカの中では高い建物のようです。

とは言え、地上187メートルですから、驚くほど高いビルと言うわけではありません。地震が多い日本ですら、もっと高いタワーやビルがたくさんあります。

(さらに…)

ガイドブックの現地の言葉での文例って役に立つの?

2015年9月26日 土曜日

海外旅行のガイドブックには、必ずといっていいほど現地の言語での例文が載っています。挨拶とか、旅行に関する文章がずらずらと載っているヤツですね。

でも、あれって役に立つのでしょうか?

(さらに…)

エジプトの都市間を電車で移動するのは可能か?| 深夜発の列車を使うと便利かも

2015年9月26日 土曜日

エジプトの都市を移動するなら、鉄道を利用するという手段もあります。長距離列車の中には、寝台列車もあるようです。夜の時間を移動に使えるのは、良い選択かもしれません。お金の節約にもなりそうですしね。

その一方で、日本の新幹線のような高速鉄道は少なく、移動に時間がかかるのは覚悟しないといけないようです。時間に余裕が無い旅行者には、悩ましいところでしょう。

(さらに…)

エジプトの都市間の移動は飛行機を使うのが良さそう| 予約をする際の注意事項も

2015年9月26日 土曜日

エジプトの面積は日本の約2.6倍あります。びっくりするくらい広い国というわけではありませんが、それでも離れた都市に移動するのは大変です。

遠方の都市に移動する場合は、バスや電車、飛行機などの利用が考えられます。時間的に余裕が無い旅行者の場合は、飛行機を選ぶのが合理的なのではないでしょうか。

(さらに…)